フリーマーケットに出店してみよう

フリーマーケット(フリマ)でのお買い物に慣れできたら、今度は自分でフリーマーケットに出店してみよう!

お家で眠っているいらない物や、使わないもの、捨てるのはもったいないけどもう着なくなった洋服など、リサイクル感覚で出品してみるのはいかがでしょうか。

いざフリーマーケットに出店してみることになったら、まず商品の汚れに気を配りましょう。

汚れの目立つものは、売れなかったり、値切られてしまったりします。

お洋服にはアイロンをかけ、タグつきのものはそのままにしておきます。

電化製品などは、きちんと動くかチェックすることもお忘れなく。後々のトラブル防止にもなります。

フリーマーケットに出店するにあたって、商品を入れる袋や小銭も用意しましょう。

特につり銭用の小銭や1000円札は多めに用意するとよいです。

後は、値段の設定です。

自分の売りたい金額を設定するのが一番ですが、値切られることも考慮にいれて値札をつけるといいかもしれません。

また、値札にはハッキリとわかりやすく値段を書き、セールスポイントなどを書き込むのもいいでしょう。

ブランド名や、未使用品、新品などです。

フリーマーケットに出店してみようということで、最後のポイントですが、商品のみせかたにも気を配りましょう。

並べ方や、演出ひとつで売れ行きがかわったりします。

100円均一などの箱を作ってみるのもいいでしょう。

これらのことをしっかり準備して、楽しくフリーマーケットに出店してみよう!

3カラム構造